本年もありがとうございました!

来年はどんな年に?

はやいもので、2012年も残りわずか。
2012年はみなさんにとってどんな年になったでしょう?

いまや年の瀬を知らせる年中行事として定着した感のある
「今年の漢字」(京都・清水寺でお坊さんが大きな半紙にしたためるアレです)では、
「金」 が最も今年の世相を表す漢字に選ばれたとのこと。

オリンピックのメダルやお金を巡る問題の表面化など、漢字「金」にまつわる
ニュースや事件が多かったので順当な結果と言えますね。

さて。
FRESHROOMでは、みなさんが快適に日々の生活を送れるよう、
様々な企画や住環境の整備など、来年以降もますます真摯に取り組んで参りますので、
これからもどうぞよろしくお願いいたしますm(_ _)m
本年もまことにありがとうございました。

それではみなさまよいお年を!

東京のゲストハウス・シェアハウスはフレッシュルームで!

記念にひとつ、いかが?

かわいいですね♪

フレッシュルーム浅草田原町物件のみなさん、こんにちは! クリスマスも終わって、今年も本当にあとわずか。今日はお土産としても使える、グッズのお話。以下、コチラの記事からの転載です。

浅草商店連合会では、浅草にお越しいただいたお客様へ「ミニ凧」「ミニ絵馬」という記念品をご用意いたしました。浅草来訪の記念になれば幸いです。

詳細はお店に直接お問い合わせください。

■取り扱い店舗一覧はこちら

■取り扱い店舗の地図はこちら

来年の干支であるヘビを模した、とってもありがたい絵馬ですね! 浅草にお立ち寄りの際は、ぜひお求めください。ではまた!!

東京のゲストハウス・シェアハウスはフレッシュルームで!

やったー!!

ここよりオススメ!

フレッシュルーム浅草物件のみなさん、こんにちは! 今日は我らが浅草が東京で1位になった誇らしいお話。以下、コチラの記事からの転載です。

東京都が東京の観光について都民を対象に行ったアンケートで、観光客にお薦めの場所は、浅草(54%、複数回答)、伊豆諸島や小笠原諸島などの島(とう)嶼(しょ)地域(33%、同)、銀座(26%、同)がベスト3だった。

アンケートは、都の観光振興策の一環として都政モニターにインターネットで実施。500人のうち、479人から回答があった。

世界遺産にも登録された小笠原諸島などを抑えて、堂々の1位獲得。これからもこの結果に恥じない街であれるよう、日頃から気を付けていきたいと思います! ではまた!!

東京のゲストハウス・シェアハウスはフレッシュルームで!

2日間の開催です!

どんな遊びが飛び出る?

フレッシュルーム浅草田原町物件のみなさん、こんにちは! もう少しで師走ですね! お仕事もお勉強も慌ただしくなりますが、体調を崩さないよう、気を付けていきましょう!

来る12月8日と9日、浅草文化観光センター3階の旅行団体支援スペースにて、「昔遊び」イベントが行われます! 以下はコチラのサイトからの転載です。

お手玉やけん玉で遊んだり、おもちゃの展示をします。
また「民話の会たいとう」の方々によるお話も行われます。
昔懐かしいおもちゃを「学んで、遊べて、体験できる」特別企画。
どうぞ、浅草の思い出づくりにご参加ください。

童心にかえって、昔懐かしい気持ちになれるかも。お友達と、お子さんと、恋人と、ぜひお立ち寄り下さい! ではまた!!

日程
平成24年12月8日(土曜)、9日(日曜) 2日間
時間
両日とも 13時~15時
場所
浅草文化観光センター 3階  旅行団体支援スペース
料金
無料
定員
30名(先着順)

チラシをダウンロードする。

東京のゲストハウス・シェアハウスはフレッシュルームで!

11月14日まで開催中!

様々な色で、境内を演出されます。

フレッシュルーム浅草田原町物件のみなさん、こんにちは! 今日で10月も終わり。今年も残す所、あとわずか2ヶ月となりました。悔いを残さぬよう、頑張っていきましょう! 今日は季節を彩るあの展覧会のお話。

現在、浅草寺で開催中なのが『浅草菊花展』です。以下、こちらの記事からの転載です。

戦後焼け野原と化した浅草。復興に立ち上がった浅草の人々は昭和27年、浅草寺の菊供養に観音本尊の宝前に菊を捧げ、参道に花を供える事により、浅草菊花会を発足させました。 境内に見事な菊花を陳列して愛華の精神を分かち合い、参拝の多くの人々にも喜ばれ、名実共に関東一の称賛を博するようになりました。

東京でも指折りの観光地である浅草寺に、美しい菊が咲き誇ります。お近くの方のみならず、みなさん是非お立ち寄りください! ではまた!!

【日時】2012年10月15日(木)~11月15日(日)
【場所】浅草寺境内・奥山風景会場・浅草神社境内
【主催】浅草菊花会・浅草観光連盟
【後援】東京都・台東区・浅草寺
【協力】財団法人 二本松菊栄会
【協賛】浅草商店連合会・浅草うまいもの会・浅草のれん会・浅草料理飲食業組合・浅草専門店会・東京浅草組合・仲見世商店街・浅草開発(株)・(株)松屋浅草店・浅草観音奉賛会

東京のゲストハウス・シェアハウスはフレッシュルームで!

あの夫婦が!

気合いだ、気合いだ、気合いだ……(以下略)

フレッシュルーム浅草物件のみなさん、こんにちは! 本格的に冬が始まっています。体調を崩さないよう、気を付けていきましょう。今日はとっても“気合い”が入るお話。

去る27日、東武鉄道が6050型をリニューアルした展望列車634型「スカイツリートレイン」の運行を開始したとのこと。その前日である26日には撮影会と試乗会が実施されて、ゲストに浅草在住のアニマル浜口さん・初枝さん夫妻が招かれました。以下はコチラの記事からの転載です。

「スカイツリートレイン」の外観を見て、浜口さんは、「かわいいですね~。デザインがすばらしい」と感想を述べ、初枝さんも、「(車体に)色とりどりの風船のようなものが飛んでいて、夢の世界のような感じがします」とコメントした。

「電車の中にカラオケがあるし、車内で弁当を食べるのも楽しみ」と浜口さんは車内サービスにも興味津々。「お母ちゃん(初枝さん)は『東京流れ者』という歌が得意で……」との発言に、「何十年も歌ってませんから!(笑)」と初枝さんに言われる場面もあった。最終的には車内で「銀座の恋の物語」を歌うことに決めたという。

浜口さん夫妻は京子選手の応援で海外へ出向くことも多いが、試合が終わるとすぐ帰国するため、ゆっくり旅する機会は少ないとのこと。そんな2人に用意された今回の”慰労旅”に、「ゆっくり車窓から眺める旅を楽しみたいですね。今度は京子も連れて一緒に旅をしたい」と浜口さん。「スカイツリートレイン」のデビューを祝う「気合10連発」も披露し、「スカイツリーに上ったら浅草にも行って、浅草駅からこの『スカイツリートレイン』に乗って鬼怒川・奥日光へ、いい旅をしていただきたい」とPRした。

アニマル浜口さんに気合10連発をしてもらった!?!? これは、世界一高いスカイツリーがさらに伸びて、、、いかないか。ではまた!!

東京のゲストハウス・シェアハウスはフレッシュルームで!

長い歴史に幕

フレッシュルーム浅草田原町物件のみなさん、こんにちは! 今日は少し寂しいお話。以下、コチラのサイトからの転載です。

日本最初の活動写真(映画)常設館があった浅草六区(台東区浅草1、2)で、最後まで営業を続けてきた映画館が閉館する。松竹の子会社「中映」が運営する名画座3館で、いずれも10月21日に閉館。浅草六区では今月17、25日に中映の成人映画2館が閉館したばかりだ。5館とも建物が築80年以上で、老朽化が理由という。銀座唯一の名画座「銀座シネパトス」(中央区銀座4)も来年3月での閉館を決めており、都内の名画座が相次いで姿を消す。

時の流れとは時に残酷なものです。来月21日まで、浅草近辺にお立ち寄りの際は、ぜひ、足を運んでください! ではまた!!

東京のゲストハウス・シェアハウスはフレッシュルームで!

11月にオープン!

フレッシュルーム浅草田原町物件のみなさん、こんにちは! 今日は11月に浅草にできる「エキミセ」をご紹介。以下はコチラの記事からの転載です。

東武鉄道は27日、浅草駅の駅ビルを改装した新しい商業施設「EKIMISE」(エキミセ)を11月21日に開業する、と発表した。東京スカイツリー(墨田区)を軸にした東武の沿線開発の一環。ビル屋上にはスカイツリーを一望できる展望デッキ「浅草ハレテラス」を設けるほか、4~7階部分に家電量販店「ノジマ」など52店が新たにテナントとして入る。

今回は2010(平成22)年に売り場を閉鎖した同ビルの4~7階部分を改装。大相撲グッズを集めた「好角家(こうかくか)」、全国各地の離島の食材を楽しめるレストラン「離島キッチン」など、ファッション・雑貨やレストランなどの各売り場を再整備した。3階から下の低層階部分では、引き続き百貨店の松屋浅草が営業を続ける。

52店舗の大型ショッピングモールの登場です。とっても楽しみですね! ではまた!!

東京のゲストハウス・シェアハウスはフレッシュルームで!

寂しいばかり……

ウルトラマンも心なし寂しげ?

フレッシュルーム浅草田原町物件のみなさん、こんにちは! 8月も終わりますが、まだまだ暑い日々が続いています。夏風邪などをひかないように、体調に気をつけていきましょう! 今日はちょっと寂しいこんなお話。

こんな記事を見つけました。「浅草の5つの映画館が閉館へ」とのこと。以下、該当記事から引用です。

国内の「映画館発祥の地」とされる東京・浅草には、現在、5つの映画館が残っている。だが、再開発計画が進む中で、今年10月までに5館のすべてが閉館されることになった。7月31日付の東京新聞が報じている。

浅草のメインストリートである「六区ブロードウェイ」。5館はその北端に位置する。いずれも封切り直後の映画を上映する「封切館」ではなく、主に旧作を2本立て、もしくは3本立てで上映する「名画座」と呼ばれる映画館だ。

『浅草名画座』と『浅草新劇場』は昭和の名作を3本立てで上映。『男はつらいよ』シリーズをはじめ、任侠ものや戦争ものなど、いまや映画館ではなかなか見ることができない作品を扱っている。『浅草中映劇場』は洋画の2本立て、『浅草世界館』と『浅草シネマ』は成人映画を上映している。

レンタルビデオが全盛となり、「旧作の映画は自宅で観る」という風潮に抗い、「映画は映画館で観よう!」と無言で訴えを続けてきた5館。映画館発祥の地が通してきた意地も、再開発という時代の波には逆らえず、と言うことか。

国内映画発祥の地とはいえ、時代の流れには抗うことができないんですね。寂しいばかりです。10月まで、できるだけ多く足を運びたいと思います。ではまた!

東京のゲストハウス・シェアハウスはフレッシュルームで!

次の日曜日ですよ!!

去年の模様

フレッシュルーム浅草田原町物件のみなさん、こんにちは! 楽しい夏休みもあと少し(社会人の方はもちろんお仕事ですよね・・・)。まだまだ暑さが続くので、熱中症などには気をつけてください! 今日は年に1度のお楽しみ!! 「アレ」のお話。

次の日曜日に行われるのは浅草の風物詩、浅草サンバカーニバルです! 浅草の街が熱狂の色に染まります! 以下はオフィシャルサイトからの転載。

浅草といえば「江戸下町情緒」というイメージがありますが、実は大の新しもの好きなのが浅草ッ子の気質。 明治時代には日本最初の映画館や、日本で初めてエレベーターを取り付けた12階建ての赤レンガビル「凌雲閣」、水族館、サーカスなど、浅草には他の町にはない新しい文化がどんどん取り入れられてきました。 また、大正時代になると「大正オペラ」や「安来節」で賑わい、幅広いジャンルの音楽劇を生み出してきました。 歌って、踊って、楽しむサンバカーニバルと浅草の結びつきはすでにこの頃からあったのです。 そうした背景のなか、昭和30年代後半から40年にかけて、盛り場の中心は、他の地区に移っていきました。 このような状況の中で当時の内山台東区長と浅草喜劇俳優の故・伴淳三郎氏が、浅草の新しいイメージをつくるものとして、ブラジルのサンバカーニバルを浅草のお祭りとして取り入れることを提案。 これをきっかけに、浅草の商店連合会が主体となるサンバカーニバルが誕生したのです。 さらに浅草観光連盟もカーニバル推進協議会に加わり、浅草サンバカーニバルは東京下町の夏を代表するお祭りのひとつにまで成長。 現在では、出場するチームも全国区のものとなり、またサンバの本場、ブラジルの人たちからも非常に高い評価をいただいています。

31回目を迎える今回のテーマは、「サンバレ! ニッポン!! ニッポンの元気は浅草から!」です。みなさんもぜひお立ち寄りいただき、日本を元気づけましょう! ではまた!!

東京のゲストハウス・シェアハウスはフレッシュルームで!